【マフェックス バットマン Ver.3.0(再レビュー)】

マフェックスのダークナイト版バットマンVer.3.0の再レビューです。
なぜ再レビューしようと思ったのかといいますと、実はソープスタジオのバットマンを購入しまして、比較するためにこのバットマンを取り出してみたのです。ところが、ソープスタジオのバットマンが絶望的に可動範囲が狭く、全くカッコいいポーズを決めることができませんでしたので、即座に売却しました。その時に改めてマフェックス版バットマンの出来の良さを再認識しましたので、再レビューさせていただきます。
001.JPG


中身はこのようになっています。交換用手首と頭部、E.M.P.ブラスターやグラップネル・ガン等といった武装類、スタンドが付属します。
002.JPG


全身。ダークナイト版バットマンの特徴をよく捉えたプロポーションとなっています。
003.JPG


004.JPG


005.JPG


006.JPG


007.JPG


バストアップ。バットマンのフィギュアは口元で決まると言っても過言ではありません。このバットマンは口元の特徴をよく捉えていると思います。
008.JPG


009.JPG


010.JPG


頑丈さよりも機動性を優先させたスーツの形状がよく分かります。
011.JPG


マントは布製で針金が通されていますので、マントに表情をつけることができます。
012.JPG


頭部は三種類。
013.JPG


014.JPG


015.JPG


同じマフェックスのバットマンVer.2.0に付属されている素顔ヘッドとの互換性を確かめました。残念ながら互換性は無しです。そのままの状態だと首の上に乗せるだけになってしまいますので、若干アゴを削っています。
016.JPG


017.JPG


018.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上げることができます。肘は150°近くまで曲げることができます。胴体はスイング可動します。股関節は引き出し式となっていますが、開脚幅は90°とやや控えめです。
019.JPG


膝は120°程度まで曲げることができます。自立の安定性は良好です。
020.JPG


以下、いろんなポーズを。
021.JPG


022.JPG


023.JPG


024.JPG


025.JPG


026.JPG


027.JPG


028.JPG


029.JPG


030.JPG


031.JPG


032.JPG


033.JPG


034.JPG


035.JPG


036.JPG


037.JPG


038.JPG


039.JPG


040.JPG


041.JPG


042.JPG


043.JPG

マフェックスのバットマン Ver.3.0再レビューでした。バットマンのアクションフィギュアは、やはり動いてこそですよね。ソープスタジオのバットマンは造形は見事でしたが、可動域が極端に狭かったです。特に股関節の可動域は致命的に狭く、全く開脚させることができませんでした。他方、マフェックスのこのバットマンは、しっかりと可動してくれますので、思いのままのポーズを決めることができます。よく動くからといって造形が崩れている訳でもなく、ちゃんとダークナイト版バットマンの特徴を捉えたシルエットとなっています。まだダークナイト版バットマンの6インチアクションフィギュアをお持ちでない方には、個人的には迷わずマフェックスのバットマン Ver.3.0をオススメします。

この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)