【S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク1 《Birth of Iron Man》 EDITION】

約3ヶ月ぶりのブログ更新です。
今回はS.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク1をレビューしたいと思います。
やっと発売された、という待ちわびたフィギュアだけに、期待度は高いです。
shfim1001.JPG


中身はこのようになっています。平手の交換用手首、トニーの目元パーツ、各種エフェクトパーツが付属します。
shfim1002.JPG


全身。マーク1らしく、武骨な躯体です。劇中のマーク1の特徴をよく捉えたシルエットとなっています。
shfim1003.JPG


shfim1004.JPG


shfim1005.JPG


shfim1006.JPG


shfim1007.JPG


バストアップ。細部まで丁寧に作り込まれています。ダメージ加工もリアルに施されています。まさにこれぞマーク1らしい造形です。
shfim1008.JPG


shfim1009.JPG


shfim1010.JPG


ボディ各所のディテールが実に丁寧に作り込まれています。
shfim1011.JPG


shfim1012.JPG


shfim1013.JPG


ヘッドは中身が空の状態とトニーが装着した状態の2パターンを再現可能です。
shfim1014.JPG


shfim1015.JPG


可動範囲について。かなりゴツい装甲なため、可動域は狭いです。腕は垂直には上がりますが、水平に上げるのは難しいです。肘は45°までが限界。胴体はスイング可動します。股関節は引き出し式となっていますが、それでも開脚幅は30°程度が限界です。
shfim1016.JPG


膝は90°まで曲がります。自立の安定性は良好です。
shfim1017.JPG


以下、いろんなポーズを。
shfim1018.JPG


shfim1019.JPG


shfim1020.JPG


shfim1021.JPG


shfim1022.JPG


shfim1023.JPG


shfim1024.JPG


shfim1025.JPG


shfim1026.JPG


shfim1027.JPG


shfim1028.JPG


shfim1029.JPG

S.H.フィギュアーツのアイアンマン マーク1 《Birth of Iron Man》 EDITIONでした。満を持して登場ということで、造形の完成度は極めて高いです。頭部を空の状態とトニー装着状態を再現できるのが嬉しいポイントです。可動域は狭いですが、実際のマーク1も劇中では動き回っていませんでしたので、これで良しとしましょう。エフェクトパーツが派手なので、飾っておくだけで臨場感があります。これでホール・オブ・アーマーがコンプリートしました。最後を飾るに相応しい完成度の高いフィギュアに仕上がっています。アイアンマンファンならマストバイですね。細部の造形が丁寧に作り込まれていますので、「こうなっていたのか!」という新しい発見があります。マーク1、スーツ姿のトニー・スタークが発売されましたので、『真のヒーロー』ともいうべきインセンをフィギュアーツ化してくれたら嬉しいですね。インセンがいなかったら、サノスに負けていた訳ですから、インセンこそがアベンジャーズの最重要人物なのかもしれません。話が逸れましたが、このマーク1、かなりオススメです。

S.H.Figuarts アイアンマン マーク1 -《Birth of Iron Man》 EDITION-(アイアンマン)

新品価格
¥11,700から
(2020/11/3 08:15時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)