【figma 454 バーサーカー/ジャンヌ・ダルク[オルタ]】

figmaのバーサーカー/ジャンヌ・ダルクです。購入しようか迷っていましたが、巷での評判が良さそうなので購入してみました。
bj001.JPG


中身はこのようになっています。三種類の刀と柄、交換用の手首、表情パーツ、スタンドが付属します。
bj002.JPG


全身。後ろ髪がかなりボリュームがあります。それなりに重量がありますが、髪をおろした状態だとスタンド無しで自立させることが可能です。
bj003.JPG


bj004.JPG


bj005.JPG


bj006.JPG


bj007.JPG


バストアップ。相変わらずのfigmaクオリティです。アイプリントや塗装が綺麗に仕上げられています。
bj008.JPG


bj009.JPG


bj010.JPG


露出の多いコスチュームですが、細かい部分まで丁寧に作り込まれています。
bj011.JPG


3本の刀の鞘は可動させることができますので、ポージングの際に邪魔になることはありません。
bj012.JPG


後ろ髪は根元にジョイントがあり、かなり広範囲に可動させることができます。
bj013.JPG


表情パーツは三種類。
bj014.JPG


bj015.JPG


bj016.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上げることができます。肩関節は引き出し式になっていました。肘は135°程度まで曲げることができます。胴体はスイング可動します。開脚幅は180°近いです。
bj017.JPG


膝は120°程度まで曲がります。自立の安定性ですが、前述のように後ろ髪をおろした状態ですと安定して自立します。後ろ髪を後方に靡かせると自立できなくなりますので、スタンドを頼りましょう。
bj018.JPG


以下、いろんなポーズを。
bj019.JPG


bj020.JPG


bj021.JPG


bj022.JPG


bj023.JPG


bj024.JPG


bj025.JPG


bj026.JPG


bj027.JPG


bj028.JPG


bj029.JPG


bj030.JPG


bj031.JPG


bj032.JPG


bj033.JPG


bj034.JPG


bj035.JPG


bj036.JPG

figmaのバーサーカー/ジャンヌ・ダルク[オルタ]でした。後ろ髪のボリュームや刀の鞘を3本装着している外見を見ていますと、可動域が狭そうに感じますが、実際に弄ってみますと可動域は広く確保されていました。思いのままにポーズを決められる楽しさがあります。刀の保持力も十分で、どのようなポーズでもしっかりと保持してくれます。軽装ですが細かい部分まで作り込まれたコスチュームは見応えがあります。顔も美人さんです。確かに巷の評判が良いのも頷ける、優秀なアクションフィギュアですね。造形、塗装、可動が高い次元で確立されています。ファンタジーフィギュアをコレクションされている方には強くオススメしたいフィギュアです。

figma Fate/Grand Order バーサーカー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥7,480から
(2020/8/7 05:26時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)