【S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク3 比較】

S.H.フィギュアーツのアイアンマン マーク3の通常版と《Birth of Iron Man》 EDITIONを比較してみました。

全身。左が通常版、右が《Birth of Iron Man》 EDITIONです。当然のことながら両者共に造形は同じです。異なるのはカラーリングです。通常版の方が全体的に深みのある色合いになっています。《Birth of Iron Man》 EDITIONのカラーリングは、半光沢な仕上がりとなっています。
im3001.JPG


im3002.JPG


im3003.JPG


im3004.JPG


im3005.JPG


im3006.JPG


バストアップ。こうして並べてみますと、《Birth of Iron Man》 EDITIONが通常版より更にメカっぽい色合いになっていることがよく分かります。通常版は光沢がありますので、少し”おもちゃ”っぽさがありますが、《Birth of Iron Man》 EDITIONは金属に近い色合いです。カメラアイは同じです。
im3007.JPG


胴体。レッドとゴールドの部分は色合いが異なりますが、シルバーの部分はほぼ同じ色ですね。アークリアクターは同じ色となっています。
im3008.JPG


脚部。造形は同じですが、《Birth of Iron Man》 EDITIONの方が脚が若干太く見えるのは、ライトなカラーリングになっているからでしょうか。目の錯覚ですね。
im3009.JPG


背中。やはりメカっぽさ、金属感がよく出ているのは《Birth of Iron Man》 EDITIONです。重厚感があります。
im3010.JPG


床パンポーズをしてみました。劇中の実戦を再現するにはやはり《Birth of Iron Man》 EDITIONの方が適していると思います。通常版も悪くはないのですが。
im3011.JPG


im3012.JPG


im3013.JPG

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク3 比較でした。どちらも良く出来ています。造形が良いからでしょうね。映画『アイアンマン』の劇中ポーズを再現するなら《Birth of Iron Man》 EDITIONで決まりです。しかし、《Birth of Iron Man》 EDITIONはダメージ塗装が施されていますので、ホール・オブ・アーマーとして飾るとするなら、ダメージ塗装が施されていない通常版となりますね。《Birth of Iron Man》 EDITIONの色合いでマーク7がプレミアムバンダイで予約中となっていますので、これは欲しくなりますよね。まさか、これまでのパワードスーツを全てこの塗装仕様で再販されるのではないか、と少し怖くなっています。

■通常版

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク3 約155mm ABS&PVC&ダイキャスト製 可動フィギュア

新品価格
¥10,784から
(2020/7/8 06:57時点)




S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク3 約155mm ABS&PVC&ダイキャスト製 可動フィギュア

新品価格
¥12,800から
(2020/7/8 06:57時点)




■《Birth of Iron Man》 EDITION

S.H.Figuarts アイアンマンマーク3 -《Birth of Iron Man》 EDITION‐

新品価格
¥10,900から
(2020/7/8 06:58時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)