【S.H.フィギュアーツ ザ・マンダロリアン】

S.H.フィギュアーツのザ・マンダロリアンです。ハズブロのスターウォーズ ブラックシリーズで大人気だったキャラクターですね。
m001.JPG


中身はこのようになっています。交換用手首、ロングライフルとライフルの交換用パーツ、ブラスター銃、ホルスターが付属します。
m002.JPG


全身。ブラックシリーズとは少し違った体型をしているように感じます。ヘルメットを被ったキャラクターですので、頭身が高くなりすぎず現実的な体型をしています。
m003.JPG


m004.JPG


m005.JPG


m006.JPG


m007.JPG


バストアップ。ヘルメットのメタリック塗装がとても綺麗です。マスクのT字の黒い部分は光沢のある素材が使われています。全体的にとても丁寧に塗装されている印象です。
m008.JPG


m009.JPG


m010.JPG


マントは布製です。針金は通されていません。マントの中央に切り込みが入っています。ライフルを装着させる際に、この切込みからライフルを通して本体に装着させます。
m011.JPG


ロングライフルを装着させた状態。マントの切り込みからライフルを通して本体に装着させましたが、保持力は弱めです。
m012.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上がります。肘は135°程度の曲げ角度です。胴体はスイング可動しますが、たすき掛けしているベルトが突っ張るため、大きく体を捻ることはできません。開脚幅は120°程度です。
m013.JPG


膝は100°程度の曲げ角度です。自立の安定性はまずまずといったところでしょうか。足首はあまり動かない感じです。
m014.JPG


以下、いろんなポーズを。
m015.JPG


m016.JPG


m017.JPG


m018.JPG


m019.JPG


m020.JPG


m021.JPG


m022.JPG


m023.JPG


m024.JPG


m025.JPG


m026.JPG

S.H.フィギュアーツのザ・マンダロリアンでした。造形と塗装は文句無しの出来だと思います。可動域はそれなりに確保されていますので、様々なポーズをつけることは可能です。自立の安定性ですが、同じフィギュアーツのボバ・フェットよりは安定していますが、やはり足首の可動域はそれほど広くないため、ポーズをつけて自立させるには馴れが必要です。ロングライフルは背中に装着できるのですが、保持力に難ありです。これは惜しい点ですね。マントに関しては、マンダロリアンは針金を通さなくても見栄えは良いです。武器の保持力は良いです。少しクセのあるフィギュアですね。個人的には弄っていて少しストレスを感じる部分がありました。今後、マフェックスからもマンダロリアンが発売予定ですので、そちらがどれ程の完成度となるのか興味があります。遊びやすさで言えば、ブラックシリーズのマンダロリアンの方が優れているかもしれません。評価が分かれるフィギュアだと思います。

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ザ?マンダロリアン(STAR WARS: The Mandalorian) 約150mm ABS&PVC&布製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,940から
(2020/6/26 02:53時点)




マフェックスのマンダロリアンはこちら。

メディコム・トイ MAFEX マフェックス No.129 MANDALORIAN マンダロリアン 全高約160mm 塗装済み アクションフィギュア

新品価格
¥8,520から
(2020/6/26 02:53時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ブリングアーツ 主人公

新品価格
¥6,470から
(2020/3/4 12:42時点)