【DCマルチバース ワンダーウーマン(1970's テレビシリーズ)】

DCマルチバースのテレビドラマ版ワンダーウーマンです。リンダ・カーターさん演じるワンダーウーマンの貴重な6インチサイズのフィギュアとなります。
ww001.JPG


中身はこのようになっています。交換用の手首とマント、スタンド類が付属します。武器は付属していません。ワンダーウーマンの写真カードが付属します。
ww002.JPG


全身。6インチよりやや大きいでしょうか。全高約16.5cmということで、1/12スケールよりは少し大きいサイズとなっています。かなりスタイルが良いです。
ww003.JPG


ww004.JPG


ww005.JPG


ww006.JPG


ww007.JPG


バストアップ。顔はデジタルプリントでしょうか。かなりリンダ・カーターさんに似ています。マテルのDCマルチバースは顔は塗装仕上げが主流なのですが、このワンダーウーマンはかなり気合いの入った仕上がりとなっています。上半身の塗装は概ね綺麗に仕上げられています。髪は軟質素材ですが、ボリュームがあるため、首の可動範囲が制限されます。
ww008.JPG


ww009.JPG


ww010.JPG


マントを装着した状態。全身を包み込むほどのかなり大きいマントです。素材はややチープな感じですが、価格相応といえます。
ww011.JPG


ww012.JPG


ww013.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上げることができます。肘は90°には僅かに届かず、80°程度の曲げ角度です。胴体はスイング可動します。開脚幅は180°とかなり広角に広がります。
ww014.JPG


膝は180°近くまで曲げることが可能です。自立は直立であれば問題無いレベルですが、ポーズを決める際はスタンドを頼った方が良さそうです。
ww015.JPG


以下、いろんなポーズを。
ww016.JPG


ww017.JPG


ww018.JPG


ww019.JPG


ww020.JPG


ww021.JPG


ww022.JPG


ww023.JPG


ww024.JPG


ww025.JPG


ww026.JPG


ww027.JPG

DCマルチバースのテレビドラマバージョンのワンダーウーマンでした。このサイズでリンダ・カーター版ワンダーウーマンをリリースしてくれたマテルに感謝ですね。何より顔がかなり似ています。私が購入した個体は太腿に塗装のはみ出しがありましたが、価格を考えると致し方ないのかなと納得しています。可動域は上半身よりも下半身がよく動く印象です。肘がもう少し曲がってくれれば、腕をクロスさせたポーズが綺麗に決まると思いますので、その点が惜しいですね。マントは飾り程度です。スタンドが付属しますが、個人的にはスタンドよりもマントの質感を上げたり、肘を二重関節構造にしてくれた方が嬉しかったですね。しかし、このサイズで唯一のテレビドラマ版ワンダーウーマンですので、希少価値が高いのは確かです。ファンの方には是非手に取っていただきたいアイテムです。

マテル DCコミックス マルチバース 6インチフィギュア シグネチャーコレクション ワンダーウーマン (1970's テレビシリーズ リンダ・カーター版) / MATTEL 2018 DC COMICS MULTIVERSE 6inch figure SIGNATURE COLLECTION WONDER WOMAN (70' TV SERIES LYNDA CARTER) DCコミックス アメコミ ドラマ 鉄腕美女 [並行輸入品]

新品価格
¥3,550から
(2020/6/6 20:36時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)