【S.H.フィギュアーツ スパイダーマン ステルス・スーツ(ファー・フロム・ホーム)】

S.H.フィギュアーツのスパイダーマン ステルス・スーツです。これは、ファー・フロム・ホームのモルテンマン戦で着用していたスーツとなります。
ss001.JPG


中身はこのようになっています。交換用の手首と頭部、アイパーツ、ゴーグル、ウェブパーツが付属します。
ss002.JPG


全身。マットブラックのスーツです。色合いはブラックパンサーに近いでしょうか。他のスパイダーマンと同じく、それほど大柄ではありません。
ss003.JPG


ss004.JPG


ss005.JPG


ss006.JPG


ss007.JPG


バストアップ。マットブラックのスーツはウェブモールドのかわりにエンボス加工が施されています。特殊部隊が着用していそうなスーツデザインですね。
ss008.JPG


ss009.JPG


ss010.JPG


頭部は二種類。
ss011.JPG


こちらがゴーグルを外した頭部です。ゴーグルは別パーツです。目はデジタルプリントとなっています。目は右を向いています。
ss012.JPG


ss013.JPG


ss014.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上がります。肘は150°程度まで曲がります。胴体はスイング可動します。開脚幅は150°以上180°未満です。
ss015.JPG


膝は135°程度まで曲げることができます。自立の安定性は良好です。
ss016.JPG


以下、いろんなポーズを。
ss017.JPG


ss018.JPG


ss019.JPG


ss020.JPG


ss021.JPG


ss022.JPG


ss023.JPG


ss024.JPG


ss025.JPG


ss026.JPG


ss027.JPG


ss028.JPG


ss029.JPG


ss030.JPG


ss031.JPG


ss032.JPG

S.H.フィギュアーツのスパイダーマン ステルス・スーツでした。一般的なスパイダーマンのスーツとは異なり、ウェブモールドではなくエンボス加工が施されたマットブラックのスーツが新鮮です。アンチオック・スーツと同じく、ブラックのスパイダーマンはクールなイメージがありますね。ゴーグルを外した状態を再現できるのが嬉しいポイントです。可動域もフィギュアーツの他のスパイダーマンと同じく広く確保されていますので、様々なポーズをつけて楽しむことができます。マフェックスからもステルス・スーツのスパイダーマンが発売されますので、そちらも気になりますね。造形、可動域共に申し分なしの優等生なフィギュアです。

S.H.Figuarts スパイダーマン ステルス・スーツ(スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム)

新品価格
¥5,980から
(2020/5/16 03:29時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ブリングアーツ 主人公

新品価格
¥6,470から
(2020/3/4 12:42時点)