【S.H.フィギュアーツ ソー(エンドゲーム)】

S.H.フィギュアーツのエンドゲーム版ソーです。いわゆるファットソーと呼ばれているものですね。
t001.JPG


中身はこのようになっています。交換用手首とストームブレイカー、ムジョルニアです。ファイナルバトルを再現するには必要十分な内容です。
t002.JPG


全身。メタボ体型となったソーが忠実に再現されています。全高は高めでメタボ体型ということもあり、かなり大柄です。
t003.JPG


t004.JPG


t005.JPG


t006.JPG


t007.JPG


バストアップ。ファイナルバトル時のソーの髪型、髭の形状が忠実に再現されています。オッドアイもしっかり再現されています。光沢のあるアーマーが高級感を醸し出しています。
t008.JPG


t009.JPG


t010.JPG


後ろ髪は分割されており、髪が可動の妨げにならないよう配慮されています。
t011.JPG


マントは布製です。針金は通されていませんので、マントに表情をつけることはできません。
t012.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上がります。肘は100°程度の曲げ角度です。胴体はスイング可動します。開脚幅は150°以上とかなり広いです。
t013.JPG


膝は120°程度曲がります。上半身の割に下半身が細いため、自立の安定性はまずますといったところです。
t14.JPG


以下、いろんなポーズを。
t015.JPG


t016.JPG


t017.JPG


t018.JPG


t019.JPG


t020.JPG


t021.JPG


t022.JPG


t023.JPG


t024.JPG


t025.JPG


t026.JPG


t027.JPG


t028.JPG


t029.JPG

S.H.フィギュアーツのエンドゲーム版ソーでした。ファイナルバトルコスチュームということで、メタボ体型でありながら何故かカッコいいです。太い胴体ですが、可動範囲は広く確保されており、様々なポーズをつけて楽しむことができます。自立の安定性は抜群に良いとまではいきませんので、ポーズによってはスタンドを頼った方が良いでしょう。造形や塗装、質感に関しては6インチ可動フィギュアとしてかなりハイレベルなのではないでしょうか。ひとつ惜しい点としては、マントに針金が通されていないため、マントに動きを持たせることができない点ですね。その他については、とてもよく出来たハイクオリティなフィギュアだと思います。これから発売されるファイナルバトルバージョンのアイアンマンやキャップと一緒に並べてビッグ3を眺められると思うと、今から楽しみです。

S.H.Figuarts ソー(アベンジャーズ/エンドゲーム)

新品価格
¥9,940から
(2020/5/11 05:41時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)