【マーベルレジェンド キャプテンアメリカ(エンドゲーム)】

マーベルレジェンドのファットソーアソートのキャプテンアメリカです。これはエンドゲーム中盤まで着用していたコスチュームだと思います。
mlca001.JPG


中身はこのようになっています。シールドとファットソーのビルドパーツのみというシンプルな内容です。
mlca002.JPG


全身。先発のムジョルニア付属のキャップより明るめのブルーを基調としたコスチュームとなっています。
mlca003.JPG


mlca004.JPG


mlca005.JPG


mlca006.JPG


mlca007.JPG


バストアップ。顔はいつものマーベルレジェンドのキャップと変わりありません。ブルーとレッド、シルバーとグレーという、シンプルに見えて細かく色分けがされています。個体差はありそうですが塗装は概ね綺麗です。
mlca008.JPG


mlca009.JPG


mlca010.JPG


アメリカのケツ。
mlca011.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上げることができます。肘は150°程度まで曲がります。胴体はスイング可動します。開脚幅は180°近いです。個体差かもしれませんが、肩関節がやたら硬かったです。お湯につけて関節を柔らかくしました。
mlca012.JPG


膝は150°程度まで曲がります。自立の安定性ですが、これも個体差かもしれませんが足首の関節が硬いので、お湯につける等して柔らかくしてあげると安定して自立するようになります。
mlca013.JPG


以下、いろんなポーズを。
mlca014.JPG


mlca015.JPG


mlca016.JPG


mlca017.JPG


mlca018.JPG


mlca019.JPG


mlca020.JPG


mlca021.JPG


mlca022.JPG


mlca023.JPG


mlca024.JPG


mlca025.JPG


mlca026.JPG


mlca027.JPG


mlca028.JPG


mlca029.JPG


mlca030.JPG

マーベルレジェンドのエンドゲーム版キャプテンアメリカでした。明るいブルーのキャップも懐かしい感じでいいですね。可動域が広く様々なポーズがカッコよく決まります。個体差で関節がかなり硬い個体がありますので、無理に動かそうとせず、お湯につけたりシリコンスプレーを塗布するなどして関節を柔らかくしてから動かしましょう。これまでのキャップは腹部のラインはホワイトだったのですが、このキャップはグレーなので少し違った雰囲気となっています。二体購入して「おい、嘘だろ…!」のシーンを再現したいところですが、さすがにトイザらスはもう売り切れてるでしょうね…。キャップファンの方には強くオススメしたいフィギュアです。フィギュアーツでもこのカラーリングのキャップを商品化すれば売れると思うのですが、何故か今頃になってムジョルニア付属のキャップがフィギュアーツ化されるかもしれないと話題になっていますね。

アベンジャーズ エンドゲーム マーベルレジェンド アクションフィギュア キャプテン・アメリカ

新品価格
¥2,999から
(2019/10/13 08:24時点)




Marvel Legends Series Avengers Endgame Collectible マーベルレジェンドシリーズアベンジャーズエンドゲームコレクティブルアクションフィギュアバンドル15cm [並行輸入品]

新品価格
¥32,996から
(2019/10/13 19:10時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)