【S.H.フィギュアーツ ボバ・フェット(Return of the Jedi)】

フィギュアーツのボバ・フェットです。このボバ・フェットはスターウォーズ ジェダイの帰還バージョンとなります。
shfb001.JPG


中身はこのようになっています。交換用の手首と銃というシンプルな内容です。
shfb002.JPG


全身。ボバ・フェットはヘルメットを被っていますので、それなりに頭身は低くなります。そのプロポーションが忠実に再現されています。
shfb003.JPG


shfb004.JPG


shfb005.JPG


shfb006.JPG


shfb007.JPG


バストアップ。細かい部分まで丁寧に作り込まれています。塗装も概ね綺麗に仕上げられています。ボバ・フェットらしく、アーマーの各所に塗装剥げが再現されています。
shfb008.JPG


shfb009.JPG


shfb010.JPG


複雑な造形のジェットパックもしっかりと再現されています。丁寧な作りです。
shfb011.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上がります。肘は150°程度まで曲げることが可能です。胴体はスイング可動します。問題は開脚幅です。60~70°程度までしか開脚させることができません。股関節を引き出し式にしたら良かったのにと思います。
shfb012.JPG


膝は135°程度曲がります。自立の安定性ですが、正直あまり安定して自立しません。その要因は足首にあります。足首が殆ど動かすことができませんので、どうしても自立に影響してしまいます。場合によっては直立での自立も困難です。造形的に制限があるのかもしれませんが、これは何とかして欲しかったですね。
shfb013.JPG


以下、いろんなポーズを。
shfb014.JPG


shfb015.JPG


shfb016.JPG


shfb017.JPG


shfb018.JPG


shfb019.JPG


shfb020.JPG


shfb021.JPG


shfb022.JPG


shfb023.JPG


shfb024.JPG


shfb025.JPG


shfb026.JPG


shfb027.JPG


shfb028.JPG


shfb029.JPG


shfb030.JPG


shfb031.JPG


shfb032.JPG


shfb033.JPG

フィギュアーツのボバ・フェットでした。造形は申し分なし。塗装も概ね綺麗に仕上げられていますので、外見は質感の高いものとなっています。問題は可動域です。重装甲とはいえ、現代の技術をもってすればもう少し可動域を広く確保できたように感じます。特に股関節の可動域が狭く、ポージングが限られます。そして自立が不安定なのもこのボバ・フェットの弱点です。造形的に足首の動きが制限されてしまうのは致し方ないことなのかもしれませんが、もう少し足首のジョイントを出して動くようにすれば安定して自立するようになったと思います。少し残念な点があるフィギュアです。2019年10月6日現在で3000円台ですから適正価格だと思います。5000円の価値はちょっと見出しにくいですね。

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ボバ・フェット (STAR WARS:Episode VI - Return of the Jedi) 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥3,043から
(2019/10/6 22:50時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)