【figma SSSS.GRIDMAN グリッドマン】

figmaのグリッドマンです。発売が延期されていましたが、ようやく発売となりました。SSSS.GRIDMANのグリッドマンです。
fg001.JPG


中身はこのようになっています。グリッドマンキャリバーと交換用手首、スタンドが付属します。
fg002.JPG


それに加え、パースの付いた決めポーズ用の刀身も付属します。
fg003.JPG


全身。頭部がかなり小さく頭身が高いスタイルとなっています。細マッチョなグリッドマンの体型が忠実に再現されています。
fg004.JPG


fg005.JPG


fg006.JPG


fg007.JPG


fg008.JPG


バストアップ。細かいディテールまでしっかりと再現されています。丁寧に作り込まれている印象です。クリアパーツ等は一切使われておらず、塗装で表現されています。メタリック塗装とマット塗装を上手に使い分けています。塗装は概ね綺麗に仕上げられています。
fg009.JPG


fg010.JPG


fg011.JPG


背中のダクト回りも細かく作り込まれています。
fg012.JPG


可動範囲について。腕は肩アーマーが可動式となっていますので干渉することなく水平、垂直に上げることができます。肘は120°程度まで曲がります。胴体はスイング可動します。開脚幅は100°以上120°未満といったところでしょうか。
fg013.JPG


首が何故かものすごく下を向きます。その反面、上にはあまり動かせません。
fg014.JPG


このグリッドマンの可動で一番の見どころは肩関節です。前に引き出すことが出来るようになっています。ですから腕を組むポーズを決めたり、グリッドマンキャリバーの両手持ちも可能です。これはfigma初ではないでしょうか。
fg015.JPG


fg016.JPG


膝は180°近くまで曲がります。自立の安定性は良好ですが、ポーズを決めた状態で自立させるにはコツが必要なので、スタンドを頼りにした方が良さそうです。
fg017.JPG


以下、いろんなポーズを。
fg018.JPG


fg019.JPG


fg020.JPG


fg021.JPG


fg022.JPG


fg023.JPG


fg024.JPG


fg025.JPG


fg026.JPG


fg027.JPG


fg028.JPG


fg029.JPG


fg030.JPG


fg031.JPG


fg032.JPG


fg033.JPG


ソフビ怪獣のアンチと。丁度良いサイズ感です。
fg034.JPG


fg035.JPG


fg036.JPG


fg037.JPG


fg038.JPG


fg039.JPG


fg040.JPG


fg041.JPG


fg042.JPG


fg043.JPG

figmaのグリッドマンでした。プロポーション良好、塗装は綺麗、よく動くの三拍子が揃った優等生です。劇中のグリッドマンを忠実に再現できています。グリッドマン単体でポーズをつけていると、面白いくらいにカッコいいポーズを決めることができます。それも肩関節の可動が影響しているでしょうね。とにかく上半身がよく動きます。勿論、下半身もアクションフィギュアとしては及第点の可動域を確保しています。気になったのがグリッドマンキャリバーを装備した時です。グリッドマンキャリバーは結構大きくてそれなりに重量がありますので、グリッドマンの手首の関節がグリッドマンキャリバーの荷重に耐えきれず、徐々に垂れ下がってきてしまいます。ですから、グリッドマンキャリバーを持たせたままのポーズで飾っておくのは少し難しいかもしれません。気になるのはその一点だけです。それ以外は本当によく出来たフィギュアだと思います。次に発売予定のグリッドナイトも期待できそうです。

figma SSSS.GRIDMAN グリッドマン ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥6,120から
(2019/9/30 16:18時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)