【S.H.フィギュアーツ メイス・ウィンドゥ】

S.H.フィギュアーツのメイス・ウィンドゥです。ジェダイナイトの中でも剣術はトップレベルを誇る実力者で、劇中でも重要な役割を果たしています。ジェダイナイトにしては珍しく、バックスイング型の剣術を得意とするキャラクターです。
shmw001.JPG


付属品はこのようになっています。交換用の頭部や手首とライトセーバーです。メイス・ウィンドゥのライトセーバーは紫色なので、ジェダイナイトの中でも異色を放つ存在です。
shmw002.JPG


全身。劇中のメイス・ウィンドゥの特徴をよく捉えたプロポーションで再現度が高いです。
shmw003.JPG


shmw004.JPG


shmw005.JPG


shmw006.JPG


shmw007.JPG


バストアップ。顔はデジタルプリントとなっていますが、とてもよく似ています。メイス・ウィンドゥを演じるサミュエル・L・ジャクソンの顔の特徴をよく捉えた再現度の高いデジタルプリントです。
shmw008.JPG


shmw009.JPG


shmw010.JPG


頭部は二種類。
shmw011.JPG


shmw012.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上げることができます。肩関節は前に引き出すことができます。肘は120°程度まで曲げられます。胴体はスイング可動します。開脚幅ですが、股関節の構造的には150°程度まで広げることができそうですが脚が道着に干渉しますので、開脚幅は120°程度となっています。
shmw013.JPG


肩関節が前に引き出せることで、このようにライトセーバーの両手持ちが可能となっています。
shmw014.JPG


膝は120°程度曲がります。
shmw015.JPG


以下、いろんなポーズを。
shmw016.JPG


shmw017.JPG


shmw018.JPG


shmw019.JPG


shmw020.JPG


shmw021.JPG


shmw022.JPG


shmw023.JPG


shmw024.JPG


shmw025.JPG


shmw026.JPG


shmw027.JPG


shmw028.JPG


shmw029.JPG


shmw030.JPG


shmw031.JPG


shmw032.JPG


shmw033.JPG


shmw034.JPG


shmw035.JPG


shmw036.JPG


shmw037.JPG


shmw038.JPG


shmw039.JPG


shmw040.JPG


shmw041.JPG

S.H.フィギュアーツのメイス・ウィンドゥでした。数年前に発売されたフィギュアですが、今見ても色褪せないクオリティの高さです。人気が高いのも頷けます。顔はサミュエル・L・ジャクソンにソックリですので、この頭部をそのままニック・フューリーに流用できそうです。今でも通用するデジタルプリントの質の高さを見て取ることができます。可動に関しても、ライトセーバーの両手持ちができる等、劇中のポーズを取らせるには必要十分です。メイス・ウィンドゥといえば、エピソードⅢでパルパティーンと対峙した時が本格的な戦闘シーンだったのですが、ブラックシリーズのパルパティーンと並べると劇中のシーンをそのまま再現できます。全体的にとてもクオリティが高いフィギュアですが、ひとつ欲を言うなれば全高が約150mmとやや低めに設定されているという点でしょうか。サミュエル・L・ジャクソンの身長を考えると全高160mm近くあっても良かったかもしれません。スケールに細かく拘る方にとってはその辺りが気になる点かと思います。しかし、これだけの再現度を誇りますから、飾っているだけで十分な存在感があります。コレクション整理のため一度は手放したフィギュアですが、ヨーダがあまりに完成度が高かったためクワイ=ガン・ジンと共に再購入しました。今後、ニック・フューリーがフィギュアーツで発売されたら、顔の再現度を比較してみたいですね。

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ メイス・ウィンドゥ 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥6,550から
(2019/9/4 13:14時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)