【RG ニューガンダム】

遂に発売となりました。RGのニューガンダムです。この日を待ちわびた人は多いのではないでしょうか。「RGは伊達じゃない!」の思わせぶりなキャッチフレーズから告知が始まり、遂にその全貌が明らかとなる日が来ました。さて、RGニューガンダムの性能は果たして伊達じゃないのでしょうか?

まずは全身。かなり小顔です。そしてシャープなエッジで形成されたプロポーションとなっています。スタイルはRG独自のアレンジが加えられており、これまでに発売されたHGUCやMGのどのニューガンダムにも似つかないディテールとなっています。強いて言うならカトキ版寄りのアレンジですが、このニューガンダムはサイコフレームの展開ギミックはオミットされていますので、HGUCとMGカトキ版の中間、もしくは全く違ったコンセプトのもとで作られた物とも受け取ることができます。
これから掲載するRGニューガンダムの画像のダークブルーの部分ですが、画像では少し明るめなダークブルーに写っていますが、実物はもう少し暗く深い色合いです。
ホワイトの部分はホワイトと少しグレーがかったホワイトの二種類で構成されています。パーツ分割はRGだけに細かいです。シールはカメラアイと肩及びシールドのアムロのパーソナルマークのみ貼りました。スミ入れは一切行っていない素組の状態となります。素組でこの色分け、素晴らしいと思います。少しスミ入れをするだけで立体感が出て質感が更に向上すると思います。
rgng001.JPG


rgng002.JPG


rgng003.JPG


rgng004.JPG


rgng005.JPG


rgng006.JPG


バストアップ。ニューガンダムらしい鋭い眼光の顔つきです。ボディ各所に分割線があり、立体感のある造形です。1/144スケールでこの色分けはパーフェクトでしょうね。これ以上は望めないと思います。
rgng007.JPG


rgng008.JPG


rgng009.JPG


コックピットハッチは開閉式です。1/144なのに凝った作りです。
rgng010.JPG


腰部のスカートは左右連動ではなく、それぞれが独立して可動します。
rgng011.JPG


可動範囲について。まずは腕から。水平、垂直に上げることができます。ショルダーアーマーはよく動きますので、干渉して可動の妨げになるような事はありません。胴体はスイング可動します。
rgng012.JPG


肘は180°近くまで曲げることが可能です。
rgng013.JPG


首の可動。かなり上下します。この可動域であれば様々なポーズをつけて楽しむことが出来そうです。
rgng014.JPG


rgng015.JPG


胴体の可動。胴体がこのように持ち上がります。そして、内部のジョイントパーツがフレキシブルに可動する仕組みとなっています。
rgng016.JPG


前屈はここまで。かなりの角度まで曲がります。
rgng017.JPG


上体反らしは前屈角度よりも更に曲がります。
rgng018.JPG


開脚幅は180°です。
rgng019.JPG


膝は150°程度まで曲げることができます。
rgng020.JPG


以上、RGニューガンダムの可動範囲でした。これはロボットプラモの可動域の常識を超えています。まるでアクションフィギュアのような可動域の広さです。確かにニューガンダムは劇中の最終決戦でサザビーと格闘戦をしますので、そのシーンを完全再現するにはこの程度の可動域が必要なのかもしれません。

RGニューガンダムに付属するウェポン類です。お馴染みのフィンファンネルとシールド、ライフルとニューハイパーバズーカです。ニューハイパーバズーカは伸縮させることが可能です。その他は、ビームサーベルのエフェクトパーツがメイン1個サブ2個です。交換用手首はライフルの持ち手(右手)、平手は両手、手首のジョイント部分が可動し武器を保持できる手首パーツが両手付属します。画像には写っていませんが、ダブルフィンファンネル仕様にするためのファンネル接続パーツが付属します。
rgng021.JPG


武装したRGニューガンダム。フィンファンネルを装着すると若干左に傾きます。姿勢の修正が必要です。また、フィンファンネルが少し重たいので、重心が後ろに移る感じになり、直立させたままフィンファンネルを装着しますと後ろに倒れます。脚を少し後ろに引いて上体を少し反らすような姿勢にすると安定して自立します。しかしこのフィンファンネル、脱着のしやすさを追求した故か保持力にやや難ありです。そのまま放置していますと前や後ろに垂れてきます(前に垂れてくることが多いです)。また、色分けを完璧なものとするために細かくパーツを分割しているせいで重たくなってしまったようです。精巧さと遊びやすさを取るか、保持力を取るか。RGをもってしても両立はなかなか難しいようですね。
rgng022.JPG


rgng023.JPG


rgng024.JPG


rgng025.JPG


rgng026.JPG


rgng027.JPG


シールドは縦横方向に回転させることが可能です。
rgng028.JPG


rgng029.JPG


rgng030.JPG


rgng031.JPG


気になるHGUCニューガンダムとの比較。左がRG、右がHGUCです。RGの方が全高が高いです。RGの全高は約165mm、HGUCは約150mmです。ニューガンダムの全高が22mで1/144スケールということからすると、HGUCの全高が正解ということになります。フィンファンネルの全高はあまり変わりません。HGUCのフィンファンネルが大型という事でしょうか。
rgng032.JPG


バストアップ。頭部の大きさはHGUCが若干大きいでしょうか。意外なことに、RGよりもHGUCの方が目つきが鋭いです。ショルダーから胴体にかけてはHGUCの方がゴツいです。
rgng033.JPG


下半身。腰部のスカートはRGの方が大型ですが、脚部は全体的にHGUCの方が太いです。足の接地面もHGUCの方が広いです。
rgng034.JPG


バーニアや各部関節などの色合いはRGがグレーでHGUCがガンメタリック調です。これは好みが分かれそうですね。個人的にはHGUCのガンメタリックの方がメカっぽくて好きかもしれません。
rgng035.JPG


横から。フィンファンネルの保持力の差が一目瞭然です。RGは前に垂れてきていますが、HGUCはしっかりと垂直に保持できています。また、フィンファンネルを装着した時の姿勢もRGは上半身が若干前のめりな姿勢であるのに対し、HGUCは直立できます。フィンファンネル装着時の自立の安定性はHGUCの方が高いです。
rgng036.JPG


RGサザビーと。全高がHGUCよりも15mm高くなった分、身長差が少なくなり、並べて飾っても違和感がありません。
rgng037.JPG


rgng038.JPG


以下、いろんなポーズを。
rgng039.JPG


rgng040.JPG


rgng041.JPG


rgng042.JPG


rgng043.JPG


rgng044.JPG


rgng045.JPG


rgng046.JPG


rgng047.JPG


rgng048.JPG


rgng049.JPG


rgng050.JPG


rgng051.JPG


rgng052.JPG


rgng053.JPG


rgng054.JPG


rgng055.JPG


rgng056.JPG


rgng057.JPG


rgng058.JPG


rgng059.JPG


rgng060.JPG


rgng061.JPG


rgng062.JPG


rgng063.JPG


rgng064.JPG

RGニューガンダムでした。ボディ本体の完成度は極めて高く、パーフェクトと言っても過言ではないと思います。RGでよく懸念されるポロリは一切ありません。ご安心ください。造形のアレンジは好みが分かれそうですが、それほどキツいアレンジではないので見慣れてくると思います。可動範囲はRGの集大成とも言うべき広い可動域が確保されています。武装してポージングすることは当然可能ですし、格闘戦を再現することも可能です。これまでのHGUCやMGでは出来なかったポージングを決めることができます。劇中でニューガンダムが見せたポーズは全て決めることが可能だと思います。アクシズの決戦シーンでビームサーベルの刃を下に向けて後方加速するシーンがありましたが、このキットなら再現可能です。造形と可動域は完璧です。問題はフィンファンネル。重量が重たくなってしまったことでフィンファンネル自体の保持力とニューガンダムに装着した際の安定感が犠牲になってしまっています。色分けをパーツで行うなら、それだけパーツ数が増えますので重量が増すのは致し方ない事ですが、フィンファンネルどうしの保持はどうにか対処できたのではと思えます。ロックが少し緩く感じましたので、プレミアムバンダイで発売されるフィンファンネル拡張セットではその辺りを改善して欲しいものです。フィンファンネルの件でHGUCの完成度の高さを再認識できたのも皮肉なものです。重ねて書きますが、フィンファンネルの保持力以外は完璧なキットだと思います。組み立てやすさも親切設計となっており、RGサザビーより簡単かつ短時間で組み立てられます。箱を開けた瞬間はパーツ数の多さにビックリしますが、大きなパーツが多くて細かい作業はあまり必要としないキットです。アドバンスドジョイントもフィンファンネル部分のみの採用なので組み立てやすいです。RGサザビーをお持ちの方ならマストアイテムですし、ニューガンダムファンの方にもオススメしたいキットです。

RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア νガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥4,536から
(2019/8/16 03:05時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)