【S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク85を改造】

フィギュアーツのアイアンマン マーク85を、エンドゲーム終盤に登場するナノウェポンバージョンに改造しました。

用意したのは、フィギュアーツのアイアンマン マーク85とアイアンマン マーク50 ナノウェポンセット2、そしてエポキシパテです。
使用したパテはこちら。

タミヤ メイクアップ材 エポキシ造形パテ 速硬化タイプ 100g 87143

新品価格
¥1,078から
(2019/7/28 02:15時点)




shfim80n001.JPG


shfim80n002.JPG


shfim80n003.JPG


shfim80n004.JPG


shfim80n005.JPG


shfim80n006.JPG


マーク85の本体とマーク50ナノウェポンセット2のナノウェポンとの互換性が無いため、瞬間接着剤で取り付けようと試みましたが、上手く接着させることができなかったため、エポキシパテでマーク85にナノウェポンを付けることにしました。パテで埋めた部分はレッドで塗装しています。
shfim80n007.JPG


shfim80n008.JPG


shfim80n009.JPG


以下、いろんなポーズを。
shfim80n010.JPG


shfim80n011.JPG


shfim80n012.JPG


shfim80n013.JPG


shfim80n014.JPG


shfim80n015.JPG


shfim80n016.JPG


shfim80n017.JPG


shfim80n018.JPG


shfim80n019.JPG


shfim80n020.JPG


shfim80n021.JPG


shfim80n022.JPG


shfim80n023.JPG


shfim80n024.JPG


shfim80n025.JPG


shfim80n026.JPG

フィギュアーツのアイアンマン マーク85ナノウェポン改造でした。マーク50ナノウェポンセットのデザインは、コンセプトを立体化したものなので、エンドゲームの劇中に登場したナノウェポンとは形状が異なります。フィギュアーツのナノウェポンは先端が尖った形状であるのに対し、劇中のマーク85のナノウェポンは丸みを帯びた先端となっています。その他の部分も違うところがあると思いますが、雰囲気は出ていると思います。マーク85ナノウェポンセットが発売されそうもないので自作してみましたが、なかなかいい感じに仕上がりました。マーク50のナノウェポンとマーク85の赤色が微妙に違うので、近くで見ると色の違いがわかりますが、遠目で見ると赤色が同化しますので、ナノウェポンを塗装するのはやめました。パテで接着してしまっているので元の状態には戻せませんが、どうしてもマーク85のナノウェポン展開状態を再現したかったので改造に至りました。こういう時に限って、プレバンとかで突然発売のアナウンスがあったりするんですよね。

S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ アイアンマン マーク85(アベンジャーズ/エンドゲーム) 約155mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥11,500から
(2019/7/28 02:13時点)




S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ アイアンマン マーク50 ナノウェポンセット2(アベンジャーズ/エンドゲーム) 約155mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,000から
(2019/7/28 02:14時点)




タミヤ メイクアップ材 エポキシ造形パテ 速硬化タイプ 100g 87143

新品価格
¥1,078から
(2019/7/28 02:15時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)