【プレイアーツ ティファ・ロックハート(FINAL FANTASYⅦ ADVENT CHILDREN)】

プレイアーツのADVENT CHILDREN版ティファです。
プレイアーツ改とは外見が異なります。当然のことながら、プレイアーツ改のティファの方がクオリティは高いです。
ptac001.JPG


中身はこのような感じです。付属品は交換用の手首のみというシンプルな構成となっています。少し寂しい感じがします。
ptac002.JPG


全身。プロポーションは良好です。
ptac003.JPG


ptac004.JPG


ptac005.JPG


ptac006.JPG


ptac007.JPG


バストアップ。無印のティファより大人びた表情をしています。これはユフィの時と同じですね。この顔も綺麗ですが、やはりプレイアーツ改のティファの方が顔面偏差値は高いです。
ptac008.JPG


ptac009.JPG


ptac010.JPG


可動範囲について。腕は水平、垂直に上がります。胴体もスイング可動します。肘が90°程度しか曲がらないのが残念なところです。あと開脚幅。こちらもユフィと同様、60°程度の開脚幅となっていますので、可動範囲が広いとは言いにくいです。パッケージの写真を見ていると、大きく開脚したポーズがありましたので、もしかすると股関節が硬いだけなのかもしれません。
ptac011.JPG


膝も90°程度の曲げ角度です。
ptac012.JPG


以下、いろんなポーズを。
ptac013.JPG


ptac014.JPG


ptac015.JPG


ptac016.JPG


ptac017.JPG


ptac018.JPG


ptac019.JPG


ptac020.JPG


ptac021.JPG


ptac022.JPG


ptac023.JPG


ptac024.JPG


ptac025.JPG


ptac026.JPG

プレイアーツのADVENT CHILDREN版ティファでした。顔のクオリティがプレイアーツ改より劣るのは仕方ないですね。プレイアーツは古いフィギュアですので。それに、プレイアーツ改のティファは完成度が高いことで有名ですので、比べるのも酷かと思います。プレイアーツにしてはよく出来ていると思います。顔もそれほど酷くないですし、ボディの造形も綺麗ですので、アクションフィギュアとしては年式を考慮すると及第点です。それに、可動で干渉しそうな部分のコスチュームは軟質素材になっていますので、ポージングの際に妨げになりません。ティファは格闘系のキャラクターですので、もう少し可動域が広ければ良かったです。ADVENT CHILDREN版のティファもブリングアーツ化して欲しいキャラクターのひとつです。

ファイナルファンタジー VII アドベントチルドレン アクションフィギュア ティファ・ロックハート

新品価格
¥26,161から
(2019/6/22 03:38時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)