【S.H.フィギュアーツ ローニン(エンドゲーム)】

フィギュアーツのローニンが発売されました。
ローニンはアベンジャーズ / エンドゲームの中盤まで登場するキャラクターで、正体はホークアイことクリント・バートンです。
劇中のコスチュームを忠実に再現していますね。
shfr001.JPG

中身はこのような感じです。交換用の頭部や手首、刀や鞘が入っています。
shfr002.JPG

全身。
shfr003.JPG

shfr004.JPG

shfr005.JPG

shfr006.JPG

shfr007.JPG

shfr008.JPG

バストアップ。目元はデジタルプリントで再現されています。コスチュームはブラックを基調としていますが、ゴールドのラインが綺麗です。
shfr009.JPG

shfr010.JPG

shfr011.JPG

背中の鞘は若干ポロリしやすいです。もう少ししっかりと固定できれば良かったのですが。
shfr012.JPG

頭部は二種類。バートンの素顔ヘッドは付属しません。プレバンで発売されるホークアイのヘッドと互換性があれば嬉しいのですが。フードを取って素顔を見せるシーンがありましたからね。
shfr013.JPG

shfr014.JPG

フードはこのように取り外すことができます。
shfr015.JPG

可動範囲について。腕は水平には上がりますが垂直にはコスチュームが干渉して上がりません。肘は120°程度曲がります。胴体はスイング可動します。開脚幅は120°程度でしょうか。アクション派のキャラクターの割には可動域があまり広くない印象です。
shfr016.JPG

膝は120°程度曲がります。
shfr017.JPG

以下、いろんなポーズを。
shfr018.JPG

shfr019.JPG

shfr020.JPG

shfr021.JPG

shfr022.JPG

shfr023.JPG

shfr024.JPG

shfr025.JPG

shfr026.JPG

shfr027.JPG

shfr028.JPG

shfr029.JPG

shfr030.JPG

shfr031.JPG

shfr032.JPG

shfr033.JPG

shfr034.JPG

shfr035.JPG

shfr036.JPG

shfr037.JPG

shfr038.JPG
フィギュアーツのローニンでした。可動域があまり広くないのでポージングできるのか心配になりましたが、劇中のポーズはひと通り決めることができます。容姿は劇中のローニンを忠実に再現できていますので文句無し。不満点を挙げるとすれば、背中の鞘が外れやすい点と、腕を動かし過ぎると肩から外れてしまう点でしょうか。あまり激しく腕を振り回すと肩から腕が外れますので注意が必要です。ローニンもアントマンくらいの可動域が確保されていれば100点満点のフィギュアだったかもしれません。頭部のフードの脱着ですが、少し面倒です。フードの脱着はマーベルレジェンドの方が簡単でした。いろいろ書きましたが、刀を持ってポーズを決めれば最高にカッコいいフィギュアだと思います。ホークアイが楽しみですね。

S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ ローニン(アベンジャーズ/エンドゲーム) 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥6,050から
(2019/5/28 02:43時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)