【マーベルレジェンド エボニー・マウ】

マーベルレジェンドから、インフィニティ・ウォーとエンドゲームの両作品に登場しているエボニー・マウが発売されました。
第一印象。かなりデカいです。劇中のエボニー・マウはサノス軍の中では小柄なイメージでしたが、このフィギュアは大柄です。
mlem001.jpg

mlem002.jpg

mlem003.jpg

mlem004.jpg

mlem005.jpg

mlem006.jpg

mlem007.jpg

バストアップ。顔のクオリティが高いです。劇中のエボニー・マウそのままの顔面です。最近のハズブロは気合いが入ってます。コスチュームの塗装も綺麗です。
mlem008.jpg

このエボニー・マウ、どの程度大柄かと言いますと、カスタムしたキャロルさんがこの大きさに見えるくらいにデカいのです。劇中ではストレンジ先生と同じくらいの身長に見えましたが・・・。
mlem009.jpg

可動範囲について。このエボニー・マウ、衝撃の可動域の広さを誇ります。腕は水平、垂直に上がります。胴体はスイング可動します。ここまではいつものマーベルレジェンドクオリティですが、このエボニー・マウ、肘がほぼ180°曲がります。開脚幅も120°程度。動き回らないキャラクターなのに何故??と思ってしまうくらい、よく動いてくれます。
mlem010.jpg

なんと膝も180°近く曲がります。足首もご覧のとおりよく動きます。
mlem011.jpg

以下、いろんなポーズを。
mlem012.jpg

mlem013.jpg

mlem014.jpg

mlem015.jpg

mlem016.jpg

mlem017.jpg

mlem018.jpg

mlem019.jpg

mlem020.jpg

mlem021.jpg

mlem022.jpg

mlem023.jpg

mlem024.jpg
マーベルレジェンドのエボニー・マウでした。サイズが大きいので、もしかするとサノスと同じくらいの身長かもしれません。スケールを気になさる方は要注意です。しかし、このフィギュア、非常によく出来ています。造形のクオリティは高いですし、何よりよく動きます。可動域が広く自立の安定性も高いので、様々なポーズをつけて飾ることができます。劇中ではあまり動かなかったエボニー・マウですが、フィギュアで思い思いのポーズを決めて楽しむことができます。サノス軍のコンプを目指しておられる方なら当然のことながらマストアイテムですが、優れたアクションフィギュアですので、アクションフィギュアファンの方にもオススメしたい逸品です。

ML [Armored Thanos] MCU エボニー マウ

新品価格
¥5,267から
(2019/5/2 21:00時点)


この記事へのコメント

ドールズフロントライン 97式 重傷Ver. 完成品フィギュア

新品価格
¥15,980から
(2020/7/8 13:12時点)

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ブリングアーツ 主人公

新品価格
¥6,470から
(2020/3/4 12:42時点)