【S.H.フィギュアーツ サノス(エンドゲーム)】

フィギュアーツのアベンジャーズ / エンドゲーム版サノスです。
エンドゲームでは甲冑姿のサノスですが、その容姿を再現しています。ただし、1箇所、間違いがあります。
shft001.jpg

中身はこのような感じです。交換用の表情パーツや手首パーツ、そして武器が付属します。
shft002.jpg

全身。サノスらしい威圧感のある容姿です。
shft003.jpg

shft004.jpg

shft005.jpg

shft006.jpg

shft007.jpg

shft008.jpg

バストアップ。アーマーはゴールドのメタリック塗装が施してあり、細かいモールドが入っています。顔は相変わらず高いクオリティです。
shft009.jpg

サノスの間違い点。このガントレットです。劇中のサノスは、甲冑姿の時はガントレットを装着していませんでした。バンダイのリサーチ不足でしょうか?何故間違ったのでしょう・・・。
shft010.jpg

表情パーツは三種類。
shft011.jpg

shft012.jpg

shft013.jpg

可動範囲について。アーマーを装着していますので、可動域は狭いです。腕は垂直に上げることができません。肘は90°曲がります。開脚幅も90°程度です。
shft014.jpg

胴体はスイング可動します。
shft015.jpg

膝は90°程度曲がります。全体的な可動域は狭いですが、自立の安定性は高いです。
shft016.jpg

以下、いろんなポーズを。
shft017.jpg

shft018.jpg

shft019.jpg

shft020.jpg

shft021.jpg

shft022.jpg

shft023.jpg

shft024.jpg

shft025.jpg

shft026.jpg

shft027.jpg

shft028.jpg

shft029.jpg

shft030.jpg
フィギュアーツのアベンジャーズ / エンドゲーム版サノスでした。造形のクオリティは素晴らしいのですが、ガントレット装着というダウトを許容できるかがポイントとなるフィギュアです。可動域も狭いので、ポージングは限られます。インフィニティ・ウォー版のサノスの方が可動域は広いです。それでも甲冑姿のサノスはカッコいいです。アベンジャーズのラスボスだけに、マーベルファンの方ならマストアイテムでしょう。造形は素晴らしいですが、可動域が狭いため、アクションフィギュアとしては普通程度のクオリティとなっています。ですから、ガシガシ弄って遊ぶというよりは、飾って観賞して楽しむタイプのフィギュアだと思います。

S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ サノス(アベンジャーズ/エンドゲーム) 約195mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥11,686から
(2019/4/29 01:34時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)