【マフェックス ラーズ・アル・グール】

先日発売されたマフェックスのラーズ・アル・グールです。ダークナイト・トリロジーを語る上では欠かせない存在の重要キャラクターの登場です。
mr001.jpg

中身はこのような感じです。交換用の手首と頭部、そして剣と柄というシンプルな構成です。
mr002.jpg

全身。チベットの修練場で着用していた道着コスチュームとなっています。
mr003.jpg

mr004.jpg

mr005.jpg

mr006.jpg

mr007.jpg

mr008.jpg

バストアップ。顔はデジタルプリントとなっており、かなり劇中のラーズ・アル・グールに似ています。マフェックスもクオリティアップしましたね。
mr009.jpg

道着の背中には鞘を収める網が再現されています。シンプルなコスチュームですが、細かいディテールまでしっかりと再現されていて、クオリティが高いです。
mr010.jpg

頭部パーツは二種類。
mr011.jpg

mr012.jpg

可動範囲について。腕の可動ですが、肩のアーマーが干渉して垂直に上げるのは難しいです。水平に上げるのは可能です。腕は引き出し式となっています。肘は90°程度曲がります。胴体はスイング可動します。が、この胴体の関節が若干緩いです。マフェックスの悪い癖が出てしまいましたね・・・。
mr013.jpg

膝は90°程度曲がります。しかし、足首は殆ど曲がりません。
mr014.jpg

首は想像していたよりも上下に動かすことができます。
mr015.jpg

以下、いろんなポーズを。
mr016.jpg

mr017.jpg

mr018.jpg

mr019.jpg

mr020.jpg

mr021.jpg

mr022.jpg

mr023.jpg

mr024.jpg

mr025.jpg

mr026.jpg

mr027.jpg

mr028.jpg

mr029.jpg

mr030.jpg

mr031.jpg

mr032.jpg

mr033.jpg
マフェックスのラーズ・アル・グールでした。造形は素晴らしいです。しかし、残念な点があります。まず、胴体の関節が緩い点です。ここ最近のマフェックスは安定して関節の緩みは無かったのですが、久々にハズレを引いてしまったみたいです。そして、可動域が思っていたよりも狭い点です。折角、腕を引き出し式の関節にしているのに、剣を両腕で持つことが出来ません。肘と膝が90°までしか曲がらないのも可動域を狭くしている要因となっています。足首があまり曲がらないのは、ポーズを決める際には痛いです。これらの点を改善して、ver.2.0を発売してくれたら購入します。というか、ラーズ・アル・グールって、劇中ではスーツを着用しているシーンの方が長かった記憶がありますので、黒スーツのラーズ・アル・グールを商品化してくれたら売れると思います。ダークナイトトリロジー登場キャラのコンプを目指しておられる方なら必須アイテムですが、アクションフィギュアとして見た場合は「うーん・・・」という感じです。造形がパーフェクトなだけに、惜しいフィギュアです。

MAFEX マフェックス No.078 ダークナイト トリロジー ラーズ アル グール 全高約160mm 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥7,160から
(2019/4/25 21:02時点)


この記事へのコメント

ニーアオートマタ ブリングアーツ アダム&イヴ

新品価格
¥13,775から
(2019/7/19 05:25時点)

デート・ア・ライブIII 夜刀神十香 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥8,820から
(2019/6/16 06:05時点)

デート・ア・ライブ 時崎狂三 1/12 可動フィギュア

新品価格
¥9,500から
(2019/6/16 06:02時点)