【S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク22 ホットロッド】

マーベル展で購入したフィギュアーツのアイアンマン マーク22 ホットロッドです。

武骨なシルエットですね。アイアンマンというよりはウォーマシンの形状に近い感じです。
shfim22001.jpg

中身はこのような感じです。いつものエフェクトパーツが付属されています。
shfim22002.jpg

横から。
shfim22003.jpg

後ろ姿。
shfim22004.jpg

バストアップ。やはりウォーマシンに近い印象です。顔とか特に似てます。
shfim22005.jpg

脚。ホットロッドの特徴とも言える模様が綺麗に描かれています。ブラックからレッドへのグラデーション塗装も綺麗です。
shfim22006.jpg

背中を見てみますと、ウォーマシン マーク2やマーク3にあった穴のようなものが2箇所あります。これはウォーマシン マーク2かマーク3のカラバリかもしれません。
shfim22007.jpg

可動範囲について。いつものアイアンマンと同じ可動域です。床パンができます。
shfim22008.jpg

以下、いろんなポーズを。
shfim22009.jpg

shfim22010.jpg

shfim22011.jpg

shfim22012.jpg

shfim22013.jpg

shfim22014.jpg

shfim22015.jpg

shfim22016.jpg

shfim22017.jpg

shfim22018.jpg

shfim22019.jpg

shfim22020.jpg

shfim22021.jpg

shfim22022.jpg

shfim22023.jpg
フィギュアーツのアイアンマン マーク22 ホットロッドでした。ホットロッドで検索すると、確かにウォーマシンのような形状をしています。カラバリで手抜きをしたのかと思ってしまいましたが、これで正解なのですね。6インチで初の立体化ですから、バンダイに感謝です。コミケイブからも発売されそうですが、いつになるか分かりませんので、こちらを購入するのが良いかと思います。現在はマーベル展限定商品となっていますが、売れ行きを見ているとかなり好評のようで、ダンディーなオジサマから若いお姉さんまで幅広い層の人たちが購入していました。よって、プレミアムバンダイで発売される可能性は高いと思います。多分、アマゾンとかでとんでもないプレ値で販売する転売屋が出てくるだろうと思いますが、そこは欲しい気持ちをぐっとこらえて、プレバンで発売されるのを待つのが吉と言えるでしょう。

この記事へのコメント